外壁塗装でシロアリをブロック|家を守る方法

火災を未然に防ぐ

住宅

近年多発している事故に、飲食店の大規模な火災がある。
この原因はダクトに蓄積された油汚れが原因であり、火の粉や高温によって油汚れが発火し、炎が一気にダクト内に広がることで短時間で大火災になってしまうというものである。これによる店舗消失やけが人、死亡は非常に多くなっており、こうした悲惨な事故を引き起こさない為にもダクト清掃が推奨されているのである。
特に蓄積されるスピードが短いのは油料理や炒め物を頻繁に行う厨房だとされている。

また、ダクトの汚れは火災のほかにも異臭や害虫の発生率を上げる原因になっており、つまりは衛生的な状態ではない現れにもなっている。
飲食店にとって不潔であるということは、営業方針としても致命的なミスであり即時に対応する必要がある。これは店舗の信頼性を左右する重大な要素であり、今後の在り方にも大きく影響することでもある。この時に対応が遅れた事が原因で、廃業にまで追いやられた店舗も存在している。

このようにダクトの汚れは様々な弊害を呼ぶものであり、それによって存続が危ぶまれるという事も少なくない。それを未然に防ぐためにも、清掃は欠かせない事であり重要な作業でもある。作業そのものは業者に任せるものとなっているので、依頼者が手を煩わせることはほとんどなく、一日から数日間休業するだけで今後の安泰を手に入れることができるのである。

ダクト清掃を行う事で、全体的なコストを軽減させることが可能となる。
その為、定期的な清掃にかかるコストを考えて回数を減らすよりも、全体的な操業コストを見ながら考える方がメリットが大きいと言える。それは清掃がダクトのメンテナンスも兼ねている事が大きく影響しており、万全な状態を継続して維持することができるということは稼働する際に余剰なエネルギーを使わずに済むということである。
不具合がある状態で稼働させた場合、100パーセントの力で70パーセント程度の稼働しかできず、効果を求めてそれ以上のパワーを求めることとなる。それは電気代やエネルギー費用がかかることはもちろんであるが、負担が非常に大きい状態である為、故障を早める可能性も大きく上げている。
故障した際にはダクトの交換などが一般的である為、多大な費用が必要となる。業務で使用している場合は、壊れた状態で使用する事は不可能であり、もしそのまま稼働させた場合は事故にも繋がる為どちらにせよあまり得策とは言えないのである。

万全な状態を維持し続けるコストと考えれば、ダクト清掃はそれほど高いものではなく、むしろリーズナブルと言える。
これにより安全と清潔、性能を保証できるということであり、企業にも利用者にもメリットを与えられる結果となる。

ダクト清掃をきちんと行っていた事により、火災や事故を未然に防ぐ事が出来たというケースは多い。
その為、業界でもダクト清掃はもはや一般的なものであり、半ば義務と化している。

ペースとしては飲食店の厨房で4カ月に1回、ホテルや家電量販店が半年に1回、オフィスで1年に1回程度だとされている。飲食店は規模によっては3カ月に1回というハイペースな清掃を行っている所もあり、細かい所は企業の経営方針によって異なっている。
こうした事故を未然に防ぐための策は重要なものであり、利用者だけではなく働いている従業員の安全も保障しているということになる。それは従業員から信頼を得るということにも繋がっており、それによる企業と働き手の団結がより強くなり最終的に理想的な職場とすることが可能となるのである。
顧客からの信頼を得るには、まず働いている従業員や社員、アルバイトやパートといった非正規雇用に至るまで全ての働き手に配慮することが求められる。

危険から身を守るにはこうしたダクト清掃だけではなく、日ごろからの行動規律も影響している。
設備や道具を扱う時にどのようなことに気をつけるのか、汚れを蓄積させにくい使い方などがそれに当たり、それを徹底することで二重の防災となるのである。

ダクトは使用している間にさまざまな不具合や誤作動を起こしている。
例えばそれは非常用設備であり、火災に備えて設置した装置が汚れにより誤作動を起こし、ダクトの換気性能を大幅に下げていたというケースもある。清掃ではそうした誤作動を元の状態に戻す効果があり、清掃後に使用感が大きく変わったのは、汚れがなくなっただけではなく設備が清浄な状態にもどったという事も影響している事が多い。

この事から、ダクト清掃はメンテナンスの効果もあり行うだけで機能を改善することができるというメリットがある。
その効果によって業務がはかどる、全体のペースが向上するといったプラスの影響を与えることができ、その場所の雰囲気を良好にすることが可能となる。それは満足感や円満なコミュニケーションにも影響すると言われており、それによって得られるプラスの効果は様々である。